福岡|中央区|開業資金|銀行融資|銀行借入・起業・相談・支援|中小企業資金調達サポート室は、銀行支店長の経験を生かし、資金調達の専門家として中小企業のお役に立ちます。

TEL092-600-8672
〒810-0001 福岡市中央区天神4-8-2 天神ビルプラス5階

お客様レポート


2013年5月30日(木)
キャリア開発学科キャリア形成演習Ⅱ

『実践就職活動~就職情報2013』

平成25年5月30日(木)本学2406教室にてキャリア形成演習Ⅱの授業が行われました。 本科目は、短期大学部キャリア開発学科2年次生の必修科目で、キャリアの開発と形成の過程に必要とされる 知識や実践的技能の習得を目的としています。一部、卒業生や社会人をゲストスピーカーとして招き、職業意識の 喚起を図っています。 この日は、ゲストスピーカーとして九州経営リスクマネジメント協会代表の河津祐二氏をお招きし、 「実践就職活動~就職情報2013~」をテーマにご講義いただきました。

2012年 5月31日(木)
キャリア開発学科キャリア形成演習Ⅱ

『実践就職活動 ~就職情報2011~』

平成24年5月31日(木)、「キャリア形成演習Ⅱ」の授業が東1号館404講義室にて行われました。 本科目は、短期大学部キャリア開発学科2年生の必修科目で、キャリアの開発と形成過程に必要な知識や実践的技能の習得を目指しています。 一部、卒業生や社会人をゲストスピーカーとして招き、職業意識の喚起を図っています。
この日は、九州経営リスクマネジメント協会 理事長 河津祐二様に「実践就職活動 ~就職情報2011~」をテーマに お話しいただきました。

就職活動のポイント

相手(対象企業)のことをよく知る
  • よく調べる
  • TVCMを目にしているから、よく雑誌に載っているから、会社名を聞いたことがあるからということだけで選ばない
  • 企業を知らないからといって対象からはずさない…可能性を狭めてしまう
結婚する気のある人を探す…出会いが最も大事
  • 求人(プロポーズ)情報を大切にすること
イメージだけで選ばない
  • イメージだけで選んだり、逆にイメージだけで除外したりしない
  • 先入観を持たない
たくさん(複数)の結婚相手は必要ない
  • たくさん内定を取った人が偉いわけではない

2009年12月11日(金)
第91回産学官交流研究会博多セミナー(二金会)

『着服・横領などの不祥事件の未然防止と早期発見のために』
-地域金融機関の事例をヒントに-

第91回産学官交流研究会博多セミナー(二金会)

ph_20091211.jpg

 2009年12月11日(金)16時から(独)中小企業基盤整備機構九州支部の会議室において「第91回産学官交流研究会博多セミナー」 を開催しました。
 今月は、九州経営リスクマネジメント協会・理事長河津祐二氏によるご講演でした。
 金融機関において、また最近では、一般企業においても、着服・横領は跡を絶たない状況にあり、その対策としては、 「未然防止策」、「早期発見策」が一番効果があります。
 事業経営者や管理者に参考となるような防止策・発見策について、金融機関や一般企業の事例を取り入れながらのお話しでした。

(参加者48名)

2009年5月28日(木)
学校法人中村学園様

キャリア形成演習II ~就職情報2009~

ph_20090528_1.jpg

平成21年5月28日(木)、「キャリア形成演習II」の授業が東1号館404講義室にて行われました。
本科目は短期大学部キャリア開発学科の2年次前期の必修科目で、学生の職業意識の喚起と職業選択の判断力向上を図っています。 そのうち数回の授業には、ゲストスピーカーとして実業界の第一線で活躍されている方々をお招きしています。

この日は、九州リスクマネジメント協会 理事長の河津祐二様に、「実践就職活動4 就職情報2009」をテーマにお話しいただきました。

ph_20090528_2.jpg

河津先生はまず、全国の企業等の2010年新卒採用計画データを提示されました。 採用予定人数は軒並み減少傾向で、採用数が前年比マイナスに転じるのはITバブル崩壊後の2003年以来7年ぶりとのことです。
さらに九州沖縄地区の主要企業の動向について、採用状況と決算状況の表を参考にしながらご説明になりました。 採用予定数の増減は企業により多少異なるようです。そのプラス要因としては 団塊世代の大量退職など、マイナス要因としては景気の落ち込みや企業業績の悪化を挙げられました。

このような採用動向を踏まえた上で、河津先生は「厳冬下の就職活動に関するアドバイス」として、次のようなレクチャーを してくださいました。

ph_20090528_3.jpg
・企業の規模にとらわれ過ぎない
大企業=優良企業とは限らない。自分が知っている企業以外にも、潤沢な利益をあげている会社はたくさんある。
・業界・業種を限定しない
例えば、外食産業の仕事は店舗で配膳するだけと思い込んでいないか。どんな業界でも、先入観なしにその内容をしっかり検討する。
・もっと情報を貪欲に集める
両親や兄姉、親戚、近所の方、就職課など、自分の周りにいる人を「活用」して、情報を集める。
・積極的に行動し、行動範囲を広げ、あきらめない(ダメもとの精神)
例えば会社説明会の予約期間を過ぎたとしても、ダメでもともと、電話してみる。ひょっとしたらチャンスが開けるかもしれない。 動かなければ、何も起こらない。
・面接テクニックより日頃の自分の考え方・行動を見直す
ルールを守れる人間か、前向きに考えて行動しているかなど、日頃生活している上での自分の考え方が面接に出る。
・「就職活動が楽しい」と心から思う
仕事でも就職活動でも、楽しいと思えないと長く続けることはむずかしい。いろいろな企業を訪ねる、会社の人に会うなど、 何でも良いから就職活動に楽しさを見出してみる。

就職活動の真只中にいる2年生にとって、即座に実践へと活かせる貴重な授業となりました。

2008年5月29日(木) 学校法人中村学園様

キャリア形成演習II ~2008年 就職活動戦線をいかに勝ち抜くか~

本科目は短期大学部キャリア開発学科の2年前期の必修科目で、ゲストスピーカーとして実業界の第一線で活躍している方々にお話をして頂き、学生の職業意識の喚起と職業選択の判断力向上を図っています。

ph_20080529_1.jpg

就職活動に臨む2年生は、5月から「実践就職活動」というテーマで、社会人としてのマナーや履歴書の書き方など、就職活動に活かす実践的な講義を受けてきました。「実践就職活動」の第3回となるこの日は、「2008年 就職活動戦線をいかに勝ち抜くか」というテーマで、ゲストスピーカーに九州経営リスクマネジメント協会理事長の河津祐二様を迎えました。

河津様は地元銀行に25年勤務され支店長などの要職に就かれた後、地元総合病院の事務長として5年勤務され、昨年九州経営リスクマネジメント協会を設立されました。
長年にわたり、企業の経営・採用に携わってこられた経験から、今年の就職戦線についての講義をいただきました。

ph_20080529_2.jpg

河津様のお話によると、今年の企業の採用計画は、団塊世代の大量退職に伴い企業の採用人数が増加し、売り手市場と言われていますが、学生にはまだ気の抜けない状況だそうです。技術職や専門職は採用人数が多い状況ですが、小売業などは景気の減速、原料の値上げなどから、低調の企業もあるようです。どんな仕事でも選ばなければ就職できるが、魅力ある仕事には競争が生まれる、また、たとえ採用予定人数に満たなくても、企業が求める一定レベルの人材がいなければ採用しないこともありうるということです。

最後に河津様から印象に残るアドバイスを頂きました。
「就職は結婚と同じ、長い時間を過ごすのだから相思相愛の会社を選ぶこと」
「OG訪問は誰でも良いわけではない、イキイキと働いている人から話を聞くこと」
「どの業種にするか悩んでいる人はできるだけ大きな企業を選ぶこと、入社後もいろいろな業務につける可能性がある」
本格化する就職活動を前に、具体的なアドバイスは大変参考になったようです。

九州経営リスクマネジメント協会
中小企業資金調達サポート室

〒810-0001
福岡市中央区天神4-8-2
  天神ビルプラス5階
TEL 092-600-8672
FAX 092-737-8861

↑ PAGE TOP